沿革
1973
董事長張正寛の手により、精密部品プレス成形及び金型製造の専門業者として臺北県新荘市に設立。
1985
中和工場を設立、通信設備用コードと組立部品を生産。
1987
3C組立部品を主としたプラスチック部品の製造を開始。
1992
インサート成形自動化事業部を成立させ、インサート成形の研究開発と製造を開始。
1993
中國珠海氏に珠海宏能を設立して、光學カメラ部品を生産。また、中國北京大興工業區に北京及成を設立して通信機器組立部品を生産。
1995
國際品質保証規格IS0-9002の認証を取得。
1997
シンガポール及成を設立、海外投資管理に従事。
昆山及成を設立、コンピュータ周辺機器組立部品を生産。
1998
北京及成通訊組件公司に投資。
珠海及成通訊科技公司に投資。
2000
アルミ合金表面処理製品の研究開発と製造を開始。
アメリカシカゴに子會社を設立、アメリカでカスタマーサービスを開始。
マレーシアペナンに及成科技(マレーシア)有限公司を設立。
2001
及成企業本社ビル新築完成、現住所に移転。
2002
國際品質保証規格IS09001の認証を取得。
2003
國際品質保証規格QS9000の認証を取得。
経済部工業局から2002年度「事業本部」として認定される。
2004
昆山及成通訊科技公司に投資。
國際環境保全規格ISO-14000の認証を取得。
日本ソウテックとの合資によりソウテック及成を設立、曲面対応深絞り金型を研究開発。
2005
臺灣商圏市場で店頭登録。
2006
天津及成光電科技有限公司に投資。
自動車セクター規格TS16949の認証を取得。
2007
緯晉工業股份有限公司の株式66%を取得、大型LCD TV用金屬プレス成形領域に進出。
澳洲幸运5开奖软件